2002年春のチューリップ。
小さな小さなプランターは大事な宝箱です。
宝箱は、冬中かたく閉じられ開けることはできません。
それが4月になってようやく鍵をまわし、
素敵な宝物の姿を見ることができました。


こんなふうに花期が合ってくれると、寄せたかいがあるというものです。
ガーデンパーティーと、未だに名前の判明しないチューリップです。
最後にはわかるかも。


これは八重咲きのクリームアップスターと、フリンジの
ゆめの寄せ植えです。
何故、全く咲き方も色も違うチューリップを寄せたかは
謎・・・。
カタカナ名前の多い中で、「ユメ」なんて新鮮な響きで
した。この花に込めた思いなんでしょうか。


これはシャーリーとダイアモンドの寄せ植えです。
どちらも開きかけは白っぽいので、そこだけぽっかりしていました。
だんだん色がのってきてからは、紫とピンクという感じであたたかいような、
大人っぽいような、不思議な魅力をまき散らしてくれました。


ヤンルースとスイートハートのプランターです。
自分でも、この色の組み合わせはミスマッチだと思います。今度は八重咲きと合わせたらどうかなーと、次の構想を練っているところです。
気が早いかな。