パットオースチン


カップ咲き
銅系色
大輪ということだけれども、我が家は小ぶりのお花が咲きました。フロリバンダよりも小さいです。
蕾から小さかったので、開いてもそんなに大きくはないなと思っていました。
開いてみると、それは見事なカッパー色でERなのが不思議〜と思ってしまいました。
また、香りも濃厚とのことですが、どこが?という感じです。
やはり、環境でしょうか。
花もちはいいとはいえません。
3日が経過する頃、色が褪せてきてハラハラと花びらが舞い散りました。




2003年6月

何故か毎年うつむき加減なパット婦人。
咲いてる間中、殆ど晴れ間はなくて、いつも雨に打たれていました。
散るときもなんだか切ないカンジに、ボロボロって花びらを落としました。
香りはとても良くて、玄関先に置いていたので、帰ってくるとふわあ〜って鼻孔をくすぐりました。


2005年6月

実は今年のパット婦人は
今まで
の鉢植えから、地植えへと格上
げになっています。
大輪の花といわれながら、我が
家では小さい花しかつけたことの
なかったパット婦人でしたが、な
んと地植えにしたらば大きい花を
つけました。
しかも嫌みなほどに幾つもつけ、
地植えの力を思い知ることとなり
ました。

来年はシュートもバンバン出て
きて今年以上の花つきになるの
ではないかと期待しています。
しかし悲しいかな・・・この一帯に
は父のクマ笹やら、百合、菊のこ
ぼれ種がわんさと発芽し、薔薇に
たどりつくまで、かきわけかきわ
け進まなくてはならないのであっ
た。