ノーブルアントニー

クォータ咲き
濃いマゼンタクリムソン色
豊かな香り

ふ〜ん、マゼンタクリムソンって、こんな色なんだー。
薔薇図鑑の色をうのみにしちゃダメってことね。
本では明るい赤だったの。
赤い色が欲しくて、悩んでこれに決めたのに、
イマイチこの「マゼンタクリムソン」ってー色が
わかんなかったのよねー。
すごーく楽しみにしていたんだけど、
思っていたのと違う色だった。
花びらの外側は切れ込んだふうになっていて、
それは本の通りだったけど、色だけが〜。

2003年7月
今年は咲くのが本当に遅かったと思います。
この薔薇は枝ぶりがワイルドで、まあ広がることといったら・・・
ベランダで育てるのには向かないかもしれません。
もっとコンパクトに剪定して育てればいいのかもしれませんが、
昨年、細い枝がわんさとあり、どの枝を切ったもんかと思案した結果がこれでございます。
花つきは悪く、2輪です。剪定に失敗したとしか思えません。
だって、とっても場所だけはとってるんですもん。


2004年のノーブルアントニー。
この頃、カタログで、この花を見ることがあるのですが、どう見ても色が違う。
家のはどっからどう見ても、赤の要素なんてないのだ!
でも、香りはあって、花もちもいい方なので、この子を育てていこうと思います。
花びらの形はとってもチャーミーだと思いませんか?

2005年のノーブル。
浅く剪定したところ、わさわさと大きくなり、花付きに大いなる期待をかけていたpopo。
がしかし・・・何が気に入らなかったのか、小さな花をひとつつけたっきりであった。
1年目で失敗したことを全くいかせきっておりません。
どうしたもんかなあ・・・どうしたらいっぱい咲いてくれるのかなあ。
今日も悩むpopoであった。