マチルダ

クリーム白地に淡い桃色のぼかし
丸弁平咲き
18〜20枚
横張性
微香

マチルダさんのオンパレード。
開いたばかりのところから、全開に至るまで。
桃色ののり方が時間と共に変化、可憐な感じがしてきます。
花つきはとても良いです。
でも、家の場合は一番うどんこがつきました。
毎日のうどんこ拭きは欠かせない日課です。
2001年
こちらからは11/11のマチルダ姉さんです。
初夏には20数輪つけ、おもいきりフロりってくれたものの、そのあとは泣かず飛ばずのお姉さん。
それが11月になって、やっと咲いてくれました。
蕾から開くまでがまた時間をかけてくれて、まあだ、まあだなのー!
お姉さん!と、いくら気をもんだことでしょうか。
うどんこにまとわりつかれながらも、popoの愛情うどんこ拭き拭きで、なんとかここまで。
でもね、蕾の時に首から真っ白になること数回、何度も拭かれて、色がかわって、やっぱり外側
の花びらは痛み気味・・・。


2002年5月のマチルダ。
・・・なんだかなー。大好きなマチルダなのに、日を増すごとに違う花になっていく〜。
こんなのちがーう!もっと優しいピンクのフリフリのはずだー!

2003年のマチルダ。
ねえ・・・マチルダって、マチルダって・・・
こんな白いっけ??
去年言ったこと、もう一度言おう。
益々違う花になっていくー。

2004年5月のマチルダ。
ようやく、ようやく・・・マチルダの色が戻ってまいりました!!
でも、うどんこがひどくて、一番外側の花びらが傷んでしまいました。
今年はおもいきった剪定をしたところ、枝がばんばん伸びて、沢山咲いてくれました。
開花中は雨が降ったので、せっかく咲いたのに、見る間に水玉模様になっていったのが残念。
でも、これでまだまだイケルぞ!と、確信がもてました。
よーし、秋薔薇もがんばるぞー。