2001年

バターカップ

バラ園で見てから欲しくなって、購入。
枝は細くて華奢な感じがするが、枝を広げている。
花は小さめだが、ころころとして可愛い。
花びらはぱらぱらとしており、ほころんで咲くさまが良い。


2002年6月の
バターカップ。
無事2年目を迎えました。
これはビックリの丈をほこっています。
どれほどかと申しますと、popoの慎重をはるかに越え(といっても、148pですが・・・)推定ですが160pはあるかと思います。
その先っぽの方に房で咲いてくれました。
蕾はまん丸で、それがほころんでくる。
花びらの数は少ないので、パラっという感じは、なんとも楚々とした風情を醸し出しています。
散る時もハラハラと花びらが舞い散り、美しいものです。
さて、目下の悩みはこの高すぎる丈をどこまで詰めようかという点です。
2003年6月のバターカップ。
さて、去年、とんでもなく伸びたバターカップは、剪定の時にどこまで切るかが
最大の悩みでした。
おもいきりの悪いところが変なところで出るpopoですので・・・半分までしかつめられませ
んでした。
でも、半分も切ったんだよおー。
そしたら、またすくすくとお育ちとなり、現在またpopoよりも背高になっております。
そのせいか・・・花付は異常に悪く!!大事な大事な1輪となっております。
図体ばかりデカくて!!とは、この子のことでしょうか・・・香りはあまく、popo家の薔薇でこの子
と同じ香りを持つ子はおりません。貴重。


2004年5月のバターカップ
どうです?色が濃いでしょう。
この開き加減といったら、まさにカップ♪
あいかわらずの背高のっぽで、ひょろりとした樹形です。
細い枝がスルっと伸びていて、そのてっぺんに蕾をつけます。
もっとコンパクトにして、花をたくさんつけてほしいんだけれどなあ。